ワードプレスのバックアップを初心者にもわかりやすく解説

ワードプレスのバックアップを初心者にもわかりやすく解説
ななちゃん
ワードプレスに更新マークが出てるんですけど、クリックしちゃいますね。
あかね
ちょちょ、ちょっと待って、ななちゃん。

バックアップは取った?

ななちゃん
え?

バックアップって何ですか?

あかね
更新すると稀に不具合が起きる時があるから、バックアップを取ってからにしたほうがいいよ。
ななちゃん
そうなんですか?

でもバックアップってどうするんですか?教えてください!

 

ワードプレスのバックアップはどんな風に行うの?

まずワードプレスのバックアップするための設定手順をご紹介しますね。

  1. バックアップのプラグインを導入する
  2. 定期的なバックアップの設定を行う
  3. 手動バックアップの設定を行う
  4. ローカル環境にバックアップデータを保存する

 

この4つを行っていきます。

 

ワードプレスバックアップ手順①:プラグインを導入する

まずは、プラグインでバックアップのプラグインを導入します。

バックアップは【BackWPup】を使って行っていきますので、事前に導入しておいてくださいね♪

 

ワードプレスのプラグイン導入方法は、こちらで詳しく解説しています。

初心者向けワードプレスプラグインの導入方法と削除方法

 

ワードプレスバックアップ手順②:定期的なバックアップの設定を行う

まずは、定期的なバックアップの設定を行いましょう。

一度設定してしまえば不具合が起きない限り、プラグインが勝手にバックアップを取ってくれますのでしっかり設定しておきましょうね。

 

詳しくは、こちらの記事にまとめています。

ワードプレスの自動バックアップ設定方法

 

ワードプレスバックアップ手順③:手動バックアップの設定を行う

続いて手動バックアップの設定を行います。

手動バックアップを行うタイミングは、例えばこのようなときです。

  • テンプレートを変更する
  • テンプレートの更新をする
  • プラグインを導入する
  • プラグインの更新をする
  • ワードプレスのバージョンアップをする

 

事前に手動バックアップの設定を行っておき、一度バックアップを取ってから上記変更を行っていきましょう。

 

手動バックアップの方法はこちらの記事に詳しくまとめています。

【初心者向け】ワードプレス手動バックアップのタイミングや方法

 

ワードプレスバックアップ手順④:ローカル環境にバックアップデータを保存する

自動・手動共にバックアップデータを設定しても、保存先はサーバー内ですよね。

サーバーにデータを保存していても、サーバーごとデータが消えてしまったら、バックアップデータも消えてしまうことになります。

 

そこで、バックアップデータをローカル環境(自分のパソコン内)にも保存しておきましょう。

ローカル環境にバックアップデータを保存する方法は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ワードプレスのバックアップをローカル環境にダウンロードする方法

 

ワードプレスのバックアップまとめ

今回は、ワードプレスのバックアップの方法をまとめてみました。

この手順に沿って設定していけば、バックアップをしっかり行うことが出来るので参考にしてみてくださいね。

 

ななちゃん
順番にやってけばいいから、私にもできそうです。

私あかねがアフィリエイトのノウハウをメルマガで公開しています。

プレゼントもご用意していますので、登録してみてくださいね。

▼登録はこちらからできますよ♪▼

“ワードプレスのバックアップを初心者にもわかりやすく解説” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください