あらゆるログインパスワードを記憶させる&自動で呼び出すいいツール発見!(パソコン版)

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

こんにちは、あかねです。

世の中めんどくさいことって溢れてますよね。

 

めんどくさいと思いつつ、仕方ないかぁって諦めてることって結構あるんですよね。

そんなめんどくさいこと、その1つがログインIDとログインパスワードの入力です。

 

ネットビジネスをしてるといろんな登録が増えるんですけど、IDとパスワードを記憶しますか?って聞いてくるやつって勝手に出てきてくれるので便利だなーって使っていませんか?

なんとなく危険だなーと思いつつ、楽なんでついつい使っちゃいますよね。

 

でもそれが結構危険みたいなんです。

なので今回はセキュリティも強化して、盗まれないパスワードの管理方法をご紹介しますね。

この方法なら楽だしセキュリティもバッチリで、本当におすすめです!

 

今回ご紹介するのは、パソコンですがスマホ版もあって、クラウドで同期することも可能みたいですよー。

(これは私も試したら、また記事にしますね♪)

 

パスワード管理がめんどう…

ログインIDとパスワードの管理って正直めんどうですよね。

ヘタに変えちゃうと、どれにどのパスワードを設定したのかわからなくなってしまったりするのもやっかいです。

 

かといって、メモ帳に保存して…っていうのもなんか微妙…。。

もっと効率いい方法ないかなーって考えてたんですけど、検索大好きな私がいい方法を発見しました。

 

なんか有料でもいいからツールで安全に管理できないかなって検索してたんですけど、なんと無料のツールで発見してしまいました。

今回はそのツールと、使い方をご紹介していきますね。

 

パスワード管理に便利なKeePass

KeePassっていう無料のソフトでパスワードを一括管理できます。

しかもKeePassオープンソースなんです。

暗号化された上で保存されるので、かなり安全なんですって。

 

簡単にどんなことができるのかというと…

  • 1つのパスワードで複数のパスワードを一括管理できる
  • パスワードもKeePassがランダムに決めてくれる
  • クラウドに保存したらクラウド上で同期できる
  • IDとパスワードは、ショートカットキーで自動入力できる

こんな感じです。

 

実際に使い心地などは導入してみるのが一番だと思うので早速ソフトのダウンロードから、使用方法まで解説していきますね♪

 

KeePassのダウンロード&日本語へ

まずは、ダウンロードです。

KeePassのダウンロードは、こちらからできますよ。

KeePass公式ダウンロードサイト

 

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

ポータブル版がおすすめと、参考にしたサイトに書いてあったのでポータブル版でダウンロードします。

2.38の方が、高機能とのことです。

 

ダウンロードしたらZIPファイルが保存されるので、展開してくださいね。

このままだと、英語なんですよね。

使いにくいので、日本語にしちゃいましょう!

 

まずは、こちらから日本語にするためにファイルをダウンロードしましょう。

KeePass Translations公式サイト

Japaneseの2.38をダウンロードしましょう。

 

ZIPファイルを開くと、こんな感じですよね。

 

このファイルをドラッグして、ここに入れちゃいます。

 

そしたら、KeePassを立ち上げましょう!

ここをダブルクリックで☆

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

 

そしたらこんな画面が開きます!

Enableっちゃいましょう!

 

開いたらまず、『View→Change Language』を開きます。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

 

日本語を選択します。

 

そしたら、こんな画面が出てくるので『はい』を選択しましょう。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

 

ここまでで、ダウンロードと日本語に変更する方法が終了です。

続いて、使い方をご紹介していきますね。

 

KeePassの使い方①:一括パスワードの設定

それでは続いてKeePassの使い方をご紹介していきますね。

まずは左の方にある、『新規』ボタンをクリックします。

 

そしたらこんな画面が出てきますので、説明を読んで『OK』します。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

 

続いてパスワードを設定していきます。

このパスワードは、パスワードを一括で管理するためのパスワードなのでこのパスワードを忘れちゃうと大変です。

このパスワードだけはしっかり覚えておきましょう。

 

↑上で説明した一括管理のためのパスワードを決めて『マスターパスワード』に入力して、もう一度のところにも入力します。

そしたら、『上級者向けオプションを表示』にレ点チェックしましょう。

 

レ点チェックを入れると、こんな感じで出てきます。

『キーファイル/提供元』にレ点チェックを入れて、『作成』をクリックします。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

(↑OKに◯つけたけど、クリックしなくても良かったかも(^_^;))

 

任意の場所に、任意の名前をつけて保存をします。

保存した場所を必ず覚えておきましょう!

 

保存をクリックすると、下のような画面が出てきます。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

モザイクの上でマウスを動かすと、『生成されたビット』のゲージが溜まっていきます。

全部溜まるまでマウスを動かしましょう。

 

右側のボックスに、キーボードで半角英数字を適当に打ちまくりましょう。

終わったら、『OK』をクリックします。

 

するとこんな画面が出てくるので、『OK』をクリックしましょう。

 

印刷するか聞かれるので、印刷して持っておいたほうがいいかもですね。

 

ここまでで、一括パスワードの設定は終了です。

あとは、登録したいサイトを登録していくだけですよ♪

 

KeePassの使い方②:サイトの登録方法

最後に、登録したいサイトを登録していきます。

今回は、楽天アフィリエイトでしてみました(^^)

 

まずは、右側の白いところで右クリックします。

すると、『エントリーの追加』とあるのでそれをクリックします。

モザイクの上でマウスを動かすと、『生成されたビット』のゲージが溜まっていきます。

 

するとこんな画面が出てきます。

『グループ』は、あなたが管理しやすい様に設定してくださいね。

まず①の部分です。

タイトルは、ログイン画面のタイトルをそのまま付けましょう。

そうすることで、ショートカットキーで自動入力できるようになります。

楽天アフィリエイトでいうと、↓ここの部分です。

モザイクの上でマウスを動かすと、『生成されたビット』のゲージが溜まっていきます。

 

ユーザー名は、ログイン時に必要なユーザーIDを入力してください。

 

URLは、ログイン画面のURLを入力しましょう。

楽天アフィリエイトで言うと、↓ここの部分です。

 

②のパスワード設定を行います。

鍵マークをクリックすると、こんな画面が出てきます。

『パスワード生成画面を開く』をクリックしましょう。

 

ログイン先のパスワードの文字の使い方に合わせて、レ点チェックを入れたり文字数を変更しましょう。

設定が終わったら『OK』をクリックします。

あらゆるログインパスワードを記憶させるいいツール発見!(パソコン版)

 

これで、ランダムなパスワードを作成できました。

 

パスワードの作成が済んだらパスワードを変更したいサイトに、パスワードの変更に行ってくださいね。

※KeePassの中で設定しても、勝手にそのパスワードに変更はされないので必ず変更に行ってくださいね♪

 

パスワードが知りたい場合は?

パスワードを変更するには、新しいパスワードがわからないとできないですよね。

どうやって新しく決めたパスワードを見るのかご紹介しますね。

 

『パスワードをコピー』か『エントリーの編集/表示』からパスワードを入手できます。

『パスワードをコピー』の場合、コピーされるので貼り付けるだけで完了です。

 

なんですが、コピペだとエラーになる場合もありますよね。

そんな時は、『エントリーの編集/表示』を選択します。

すると、情報が出てくるので赤丸の『…』をクリックするとパスワードが表示されますよ。

モザイクの上でマウスを動かすと、『生成されたビット』のゲージが溜まっていきます。

 

自動入力したいサイトのログイン方法

まずは、ログイン画面を開きます。

自分で開いてもいいですし、KeePassのURL部分をクリックしても、ログイン画面に飛べます。

 

そしたら、ユーザーIDのところでクリックしてユーザーIDを入力できるようにします。

※この時、ひらがな入力ではなく、半角英数字に変えておいてくださいね。※

モザイクの上でマウスを動かすと、『生成されたビット』のゲージが溜まっていきます。

そこで、『ctrl+ALT+A』を押します。

すると、自動でユーザー名とパスワードの入力が完了してしまいます。

 

ログインパスワードを記憶させて自動で呼び出せるKeePassまとめ

今回はログインパスワードをランダムに決めてくれて、そのパスワードを簡単に呼び出すことができるKeePassをご紹介しました。

今までなんとなく自動入力機能を危険だなーと思いつつ使っていたって方や、同じパスワードばかり使っていてセキュリティ的にヤバイなって思っていた方にはおすすめです。

 

スマホでも使いこなせるようになったら、また記事にしたいと思います。

 

こんな感じで、めんどうなことを楽チンにできちゃうツールとかアフィリエイトで月25万円稼いでいる方法とかをメルマガでも公開していますよ。

ブログではお話できないことも、メルマガ限定で公開してるので気になった方は登録してみてくださいね(^^)

 

▼登録はこちらからできますよ♪▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です