WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

こんにちは、あかねです(^^)

 

WordPressで記事を書き始めたら、自動で関連記事が入れられたらなぁ…と関連記事の挿入プラグインを探す方も多いのではないでしょうか。

だけど関連記事って思い通りのものがなかなかないんですよね。

 

正直、めんどくさい…(^_^;)

そんな風に思った方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方に本当に簡単に、関連記事を挿入できる方法をご紹介していきたいと思います。

 

WordPressの関連記事プラグインってどんなのがあるの?

WordPressの関連記事を自動挿入するプラグインの代表的なものは、

  • WordPress Related Posts
  • Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)

なんかがあります。

 

この関連記事のプラグインを調べて導入してみたという方もいらっしゃるかもしれないですね。

私もサイトによって、この関連記事プラグインを導入しています。

私の場合、基本的に関連記事を導入する時はアイキャッチ画像が表示させるものを使用しています。

 

それを踏まえて…どうしても気に入らない事があるんです!

どこか気に入らないのか、少しお話させてください。

 

WordPress Related Postsの気に入らない点

まずは、WordPress Related Postsから…

WordPress Related Postsってまず英語なんですよね。

その時点でちょっとめんどう…

 

アイキャッチ画像を表示する設定を選択するんですけど、そしたら標準設定だとアイキャッチ画像の端が切れちゃうんですよね。

アイキャッチ画像って横長なのに、関連記事に表示される画像は正方形に真ん中を中心にカットしてあるんです(^_^;)

 

なのでアイキャッチ画像を横長に設定するやり方を調べつつやってみるんですけど、やり方を記事にしてくれてるサイトと設定の画面がなんか違う…

結果、雰囲気的にこれかなーっていうのを変更したらなんとか縦長にはなります!

なりますが、次は文字が邪魔してアイキャッチが見えない…

 

そしてやっぱり英語読み解くのがめんどう…

めんどくさがりすぎでしょうか…

英語ができないとこんなところでも支障をきたすんですね~(^_^;)

 

このプラグインはもう少し頑張ったら使えそうですが、そこまで設定に時間かけてられないですよね~。

 

Yet Another Related Posts Pluginの気に入らない点

次にYet Another Related Posts Pluginの気に入らないところ…

Yet Another Related Posts Pluginは、『サムネイル』というボタンをクリックするだけでアイキャッチ画像付きの関連記事を導入できます。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

うまくいけば超簡単にアイキャッチ画像付きの関連記事を挿入できます♪

しかもアイキャッチ画像は、正方形だけど圧縮してくれてるので切れてることはなくこれならまぁいいか…レベル。

 

なんですが、関連記事があまり表示されない…

なんで?って調べてみるとタイトルを『検討する』にしないといけないらしい。

なるほど~と選択しようとすると…

 

グレーになっていて選択できないんです。

なぜ~!!

 

で、調べてみますよね。

そしたらサーバーで設定しないといけないらしい…

うわぁ…メンドクサイ……

 

結果、両方共めんどくさいんですよね。笑

 

きれいな関連記事を簡単に挿入できるプラグイン

とそんな感じで妥協したアイキャッチ画像を使っていたわけですが、いいプラグインを発見しました!

 

このプラグインなら、

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

こんな感じで、いい感じの横長アイキャッチ画像+タイトルの関連記事が入れられます。

 

そのプラグインが、Jetpackです!

 

Jetpackのデメリット

Jetpackのデメリットは、関連記事専用のプラグインではないということです。

様々な設定ができるので時には必要ないものも入っているのでその辺は設定をオフにしたりしてうまく利用していきましょう。

 

Jetpackを導入する時は、他の部分の設定をどうしたらいいのか事前に調べてみると良いかもしれないですね。

 

特に私が気になった3つを書いておきますね。

  1. 関連記事の表示は、3つだけしか選択ができない。
  2. Jetpackを入れるとSNSの共有ボタンが表示される。
  3. 記事下に広告などを自動で表示させる設定をしている場合、自分で書いた記事の下に広告を入れたいのに先に関連記事が入ってしまう。

 

関連記事の表示は3つだけ!?

残念なことに、関連記事の表示が3つしか設定できません。

できたら5つは欲しいところですよね~。

 

SNSの共有ボタンが表示される

テンプレートでSNSの共有ボタンを導入している場合、気付いたらSNS共有ボタンがたくさんページについてしまっています。

私も最初気付いていなくて、冷静に見てみると…

  1. 記事上
  2. 記事下
  3. 関連記事の下

ってどんだけSNS共有して欲しいんじゃい!って突っ込みたくなるくらいSNSの共有ボタンがついていました。笑

 

 

関連記事が広告より上に表示されちゃう

これアフィリエイターにとってみると結構な死活問題ですよね。

記事下すぐに広告があるから、サーっと見た流れで広告クリックするじゃないですか。

 

その前に関連記事が入り込んじゃうんです!

どうしてもどうしても関連記事が上に行っちゃうんですよね(^_^;)

 

ですが上手に表示させる方法を発見しました!

その方法をまとめた記事は、こちらです♪

Jetpackの関連記事の位置が…自動で上に広告を表示させる方法!

 

Jetpackの導入方法!

それではデメリットを踏まえた上で、Jetpackを導入したい方向けに、Jetpackの導入方法をご紹介していきますね。

 

まずは、メニューからプラグインを選択肢してJetpackを入れます。

 

右側の検索窓にJetpackと入れたら、下にJetpackがでてきますよ。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

 

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

有効化にすると、こんな画面が出てくるので『Jetpackを設定』を選択します。

 

WordPress.comでアカウントを持っている人は、承認をするをクリックします。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

持っていない人は、新規アカウントを作成しましょう。

 

プランを選択する画面が出てきたら、『無料プランでスタート』を選択しましょう。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

メニューを見てみると、Jetpackが出てきています。

 

メニューのJetpackを選ぶと、こんな画面が出てくるので右上の『設定』を選択します。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

するとプルダウンメニューが出てくるので、『トラフィック』を選択します。

 

すると下に関連記事の項目が出てきます。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

 

関連記事を有効にしましょう。

 

青の◯で囲んであるところをクリックすると、ダッシュボードに飛びます。

そこで関連記事の詳しい設定ができますよ。

WordPressの関連記事プラグインはこれがおすすめ!

好きなようにカスタマイズしてみてくださいね。

 

関連記事を簡単に挿入できるプラグインまとめ

今回は関連記事を簡単に挿入できるプラグインについてご紹介しました。

WordPress.comに登録したことない人は、最初にWordPress.comへの登録をしないといけないですが登録してしまえばササッと導入できてしまいます。

 

私と同じ様に関連記事を入れるのが大変だなぁと感じている方は、是非Jetpackでの関連記事を入れてみてくださいね♪

もしもっといい関連記事があったら教えてくださいね(^^)

 

Googleアドセンスの広告でも関連記事が入れられる方法があるので、後日アップしたらこちらにリンクを貼りますね。

ただこの方法ある程度のアクセス数がないと、使えないらしいので始めたばかりだとやっぱりJetpackがよさそうです。

 

あなたはアフィリエイトで報酬を得ることはできていますか?

もしまだ報酬を発生させることができていないなら、私のメルマガに登録してみてくださいね。

私が0→1を発生させた方法などメルマガ限定で暴露していますよ。

▼登録はこちらからできますよ♪▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です