WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

WordPressで記事を書く時、ビジュアルで下線(アンダーライン)を引きたいのにボタンに下線のボタンがなくて困った…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ビジュアルだとhtmlの知識がなくても簡単に編集ができるので、ビジュアルに下線(アンダーライン)があればいいのに!そんな風に感じる方も多いと思います。

 

そこで今回は、ビジュアルで下線(アンダーライン)を簡単に入れる方法やその他の機能も簡単に入れることができる方法をご紹介していきますね。

あかね
一度導入してしまえばずっと使えるので試してみてくださいね。

 

WordPressで下線(アンダーライン)が入れたい!

WordPressで下線(アンダーライン)を入れたいのに、ボタンがない!と思われた方もいらっしゃいますよね。

初期のビジュアルのアイコン?ボタン?には下線(アンダーライン)がないので、困っている方も多いと思います。

 

そこで今回は、ビジュアルの時に簡単に下線(アンダーライン)のボタンを出す方法をご紹介していきます。

 

WordPressの下線(アンダーライン)はプラグインで挿入

下線(アンダーライン)のボタンを挿入するには、プラグインを使用しましょう。

プラグインは『TinyMCE Advanced』というプラグインを使用します。

 

『TinyMCE Advanced』の導入方法をご紹介していきます。

 

WordPressに『TinyMCE Advanced』を導入する方法

それでは早速『TinyMCE Advanced』の導入方法をご紹介していきますね。

 

まずは、プラグインを選択します。

WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

『新規追加』をクリックします。

 

出てきた画面の右に文字を入力して検索できるところがあるので、『TinyMCE Advanced』と入力してみましょう。

 

すると、下のような画面が出てくるので『今すぐインストール』をクリックしましょう。

WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

 

プラグインをもう一度押すと、『TinyMCE Advanced』が入っているので、『有効化』をクリックしましょう。

 

すると『設定項目』が出てくるので、クリックします。

WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

 

するとビジュアルエディターのボタンが出てくるので、上に『下線』をドラッグして持っていきましょう。

『下線』以外にも『打ち消し』や『背景色』など使えるボタンがあるので、好きなものを加えてみてください。

 

加え終わったら、『変更を保存』をクリックしましょう。

WordPressで下線(アンダーライン)をビジュアルで入力する超簡単な方法!

 

これで、下線が記事を作成する時にビジュアルエディターで出てくるようになります。

 

WordPressで下線(アンダーバー)を導入まとめ

今回はWordPressで下線(アンダーバー)を導入する方法をご紹介してきました。

ちょっとした作業ですが、一回行っておくと作業が効率よくできるので是非『TinyMCE Advanced』を導入してみてくださいね。

 

私あかねが報酬を得た方法をメルマガで公開しています。

気になる方は、メルマガに登録してみてくださいね。

▼登録はこちらからできますよ♪▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です